MENU
カテゴリー: 求職活動

採用コンサルタントを最大限に活用する方法Using a Recruitment Agent

就職コンサルタントを利用することに対して、世の中には次のような誤解があるようです。

  1. 多くの求人情報は嘘の情報である

これは法律に触れるので誤りです。顧客への裏切りになり、ビジネスの評判に傷がつきます。

  1. コンサルタントは応募者に合った仕事を探すよりも、とにかく仕事を見つけることだけに関心がある

このようなことを頻繁に行えばやはりビジネスの評判に傷がつきます。満足のいかない仕事についた人はそのコンサルティング会社を他人に勧めないでしょうし、次の転職時にはもう利用しようとは思わないでしょう。また、斡旋した会社側も、適切な人材を紹介されなければ追加募集の時にそのコンサルティング会社を利用しないでしょう。

  1. 適した会社が見つからない場合、応募者は放置され、コミュニケーションを避けられる

実際のところ、プロのコンサルタントは応募者に適した会社を探すために頻繁に電話やインターネットで調査をしており、会社を訪問し採用担当者に会ったり、会社がどのような人材を求めているかを知るために連絡を取り合ったりしています。このような努力がなければ、熱心に仕事を探している応募者に仕事を紹介できないことでしょう。

  1. 臨時雇用は正規雇用に劣る

こう考えていると、仕事の早期離職や、短期の仕事を転々とすることになりがちです。応募者にとっては次の応募に不利になり、会社と友好な関係を保たなければならない採用コンサルタント会社にとってもマイナスになります。採用コンサルタントとして、会社と応募者双方にメリットを感じてもらえるよう多くの時間を割いたとしても、応募者が臨時雇用を軽視してしまった場合、ビジネスに打撃を与えるような結果になるかもしれません。

お客様から「採用コンサルタントができること」についての質問がよくあります

良い採用コンサルティングサービスを利用していても、コンサルタントが応募者である自分側に重点をおいているのか、採用する会社側に重点をおいているのか疑問に思っている例は見られます。コンサルティング会社からすれば、最適な人材を斡旋したいのであれば、「全体の利益のために」応募者と紹介先企業の双方に重点をおく必要があります。

新しい従業員を求める会社の信用を得ることは重要です。募集中の特定職種に適した人材を探す必要があります。時間や人手制限などの理由で限られた人数の応募者しか面接できない会社もありますから、条件に合う候補者全てを紹介する訳にはいきません。最適な候補者を見つけるまで、応募者と会社双方のニーズのバランスをとって人材を探すことが重要なのです。

採用コンサルタントのもう一つの役割は、応募者の送付状、履歴書、面接の質を最大限に向上させることです。募集する職種に関するあらゆる情報を応募者に与え、採用につながるような書類や面接の対応を準備する手助けをします。特に、しばらく職から離れていた人や、長い間同じ仕事についていて、最近の面接の方法に慣れていない人にとってはこれらの手助けは重要です。

もちろん、どんなに良い応募者を選出し、履歴書や面接の指導をしたとしても、採用に至らない可能性もあります。その際、なぜ採用に至らなかったのかを応募者に理解してもらうことも採用コンサルタントとしての仕事の一つです。そのため、コンサルタントは会社側に選考のフィードバックを依頼します。それは、今回の応募者の職探しや、別の応募者を紹介する際にも役立つからです。

弊社採用コンサルタントへのその他の質問
  1. コンサルタントはキャリアについてアドバイスをくれますか?

はい。プロの採用コンサルタントはお客様がスムーズに採用を勝ち取り、人生設計に沿ったキャリア形成やキャリアチェンジのアドバイスをします。

  1. 採用コンサルタンティングはいつでも利用可能ですか?

コンサルタントの多くは一般企業と同様の業務時間に対応していますが、業務時間外も対応が可能な場合があります。しかし需要が多いため、対応できるコンサルタントの数は限られています。お客様には、予定の面談時間やその他の手続きについて時間内にお越しいただくようお願いしております。

  1. 情報は全て内密にしてもらえますか?

お客様から頂いた必要な情報は全て、企業の採用担当者にアプローチし、採用を説得するために利用することがあります。ただし、送付状や履歴書に記載された関連した情報のみです。プロの採用コンサルタントのポリシーはあなたの現在の職場の上司にあなたが別の仕事を探していることを決して伝えないことです。情報の照会はあなたの裁量により決められます。

  1. コンサルタントの仕事効率を最大化するためにこちらができることはありますか?

採用コンサルタントは皆様を魅力的な人物に見せるために必要な情報を理解しています。まず何よりも、お客様がご自身の実績、能力、学歴、その他の情報について完全に正直であってください。また、どのような仕事に関心があり、どのような仕事には関心がないかも共有して頂きたいと思います。

  1. 複数の採用コンサルタントサービスを利用しても構いませんか?

はい。希望の職を見つける可能性を上げるため、複数のサービスを利用されることは理解しております。しかし、もし優秀なコンサルタントを利用中なら、他社サービスを検討する必要はなくなることでしょう。

  1. 転職の具体的な意思がない場合には伝える必要がありますか?

はい。まずは、お客様が現在雇用されているか否か、新しい職を積極的に探しているか、または転職を決意した時のための選択肢を模索しているだけであるかはお伝え頂きたいと思います。この最初の確認は、面接の準備や履歴書の指導などの不必要な作業を省き、本当に必要な情報を提供するために重要となります。

  1. コンサルタントがこちらに望むことは?

最初の面談時に、採用コンサルタントしてお客様に望むことを全て説明いたします。面談や面接の用意があること、アドバイスを聞きメモをとる意欲、応募職種に対する理解、そしてプロフェッショナルな態度など、必要な事項を説明させて頂きます。

Related Candidate Articles

履歴書・職務経歴書(英・日)のテンプレート

Japanese and English CV Templates

ワークハブ・ジャパンでは、日本語と英語の履歴書テンプレートについてのお問い合わせを多く頂きます。下記に無料テンプレートをご用意しましたので、ぜひご利用ください。

求職者のための自己ブランディング

Build your personal brand

面接までこぎつけ、採用されるためにはしっかりした履歴書だけでは足りません。採用担当者はあなたのインターネット上での活動、仕事の業務など全てを見て、あなたという人物像を判断しているからです。