MENU
カテゴリー: キャリアプラニング

賢いキャリアプランニングのために

Career Planning

  1. キャリアプランニングの重要性
  2. 必要な手順
  3. 軌道から外れないための定期的な進捗確認

選んだ仕事で成功したいなら計画が重要です。小さな会社の会計係でも国際的な金融機関の財務部長でも、それは変わりません。目的を達成するために必要なことを理解し手順を踏む必要があります。

単純なアドバイスのようですが、計画を立てることは成功のためには非常に大切なことです。人生の様々な場面で計画が必要であり、キャリアにおいても同様です。

キャリアプランはビジネスプランと似ています。例えば、

  • 長期的な複数のキャリアの到達目標
  • 5年後までのより具体的な目標
  • キャリアプランを実現するために必要な勉強や研修
  • 個人的に価値のある到達目標のヒエラルキー

今立てているキャリアプランは時間が経つとともに変わるでしょう。最善の道筋を辿れるように定期的にチェックし修正していきましょう。

どのようにキャリアプランを立てるか

まずは遠い未来を見据えて長期的なキャリアの目標をリストアップしましょう。そして項目に日付を設定するのです。すると、人生において自分が望む成長の道筋ができます。例えば、「今から10年後に大きな銀行の財務部長になる」というように。もしもキャリアの目標を何にすべきかわからない場合は、何があなたにとって価値があって、それをどのように仕事に結びつけられるかを考えましょう。高い目標を立てることを恐れずに、かつ現実的な視点を忘れないようにしましょう。

10年後の目標を立てたとしても、キャリアを重ねる中で変わっていくでしょう。新しい仕事に就くことによって方向性が変わったり、個人的な関心が変わったりするものです。

次にその目標を達成するために必要な手順について考えます。どのような勉強が必要か、どのような仕事や経験をすべきか、ボランティアなど成功のチャンスを上げるような経験も含めます。

最後に、成功を思い描き、ポジティブな姿勢を持ちましょう。熱意は目標達成のための鍵となります。前進したときには自分自身を褒めてあげることも忘れずに。また、時間とともに目標と達成までの道のりを修正する必要があるかもしれないことを覚えておきましょう。

行動する 

行動をしなければキャリアプランはただの紙切れも同然です。目標達成までの道のりは困難な面もあるかもしれませんが、協力してくれる人も現れるかもしれません。

協力を仰ぐ 

あなたの側にいる家族や友達以外にも、同僚や仲間も目標達成の手助けをしてくれるかもしれません。新しい仕事や機会を得るためにネットワークを広げるのです。前進する手助けになるかもしれない他者に対しては、積極的にあなたの目標を共有していきましょう。

多くの人は協力的でしょうから、臆せず応募に際して人柄などを語ってくれる周りの人物をリストアップしておきましょう。そのような人物の情報を他に共有する時は必ず許可を取りましょう。友達、前職の同僚、前職の上司やマネジャーなどへの依頼を検討しましょう。

コンサルタントを有効に活用する

キャリアプランニングのいろはを熟知している採用コンサルタントの力も借りましょう。彼らはあらゆる業界でキャリアの目標を達成するのに役立つ情報や経験を持っています。コンサルタントは生涯を通したお付き合いをしたいと考えているため、あなたのキャリアアップを手助けするために誠意を持って有益な手助けをします。

コンサルタントの有効活用にはコミュニケーションが鍵となります。どのように職を探すのかを尋ねるとともに、あなたのキャリアの目標を正確に把握しているか確かめましょう。方向性を変える時はコンサルタントにすぐに伝えましょう。そうすれば柔軟に方向転換をしてくれます。

採用コンサルタント会社として、私たちは全てのお客様にとってベストのサービスを提供できるよう努めています。私たちの目標は皆さんのキャリアプラン前進のサポートをし、1日も早く目標達成をするお手伝いをすることです。しかし、私たちも人間ですので、ときには間違いもあるかもしれません。サービスに対して正直なフィードバックをいただければ、より良いサービスと最適な提案をできるよう努めます。

最新の求人市場を把握する

キャリアの方向転換や、目標達成のために仕事を変えたいと思っているならば、求人市場を把握し、仕事で求められる条件を理解する必要があります。技術の進歩や今の仕事では使用していない新しいプログラムなどもあるでしょう。キャリアプランを有利にするために、最近の動向調査に時間を割きましょう。

自信を持って自分を売り込む

様々な人に自分を売り込む行為にストレスを感じるかもしれません。近年では採用担当者に良く書けた履歴書を提出するだけでは不十分です。また、面接で魅力的に見せることだけが希望の職につく方法でもありません。どちらも必要ですが、同時に、仕事上のあらゆることが自分を売り込む機会となりうることを意識しましょう。

大胆に、履歴書や面接で自分自身の実績を強調しましょう。ポジティブに考え、人生の目標を達成するためのキャリアプランを常に意識しましょう。

Related Candidate Articles

履歴書・職務経歴書(英・日)のテンプレート

Japanese and English CV Templates

ワークハブ・ジャパンでは、日本語と英語の履歴書テンプレートについてのお問い合わせを多く頂きます。下記に無料テンプレートをご用意しましたので、ぜひご利用ください。

隠れた自分のスキルを見つけるために

Your Selling Points

求職プロセスの大部分は、あなたが応募者としてどれだけの経験を持っているかにかかっています。このため、最近卒業したばかりの人や、就職実績にギャップがある人、または単に自分の視野を広げて新しいキャリアを探したい人などは、仕事歴で不利になりがちです。