MENU
カテゴリー: 履歴書の準備

英文履歴書のカバーレターの書き方The Cover letter

採用可能性を上げるためのカバーレターの書き方についてご紹介します。

1.簡潔で的確な文章を心がける
2.応募する会社ごとにカバーレターを用意する
3.細かな修正と校正が重要

就職斡旋会社や応募会社側では、あなたについて理解するためにカバーレターを読みます。ですから、カバーレターは第一印象を良くし、会社側があなたを採用することで得られるメリットを理解するために大変重要な役割を担います。

紙媒体やオンラインでの求人掲示板やクラシファイドサイトなどを利用して応募をするときは、常にプロフェッショナルなカバーレターを送りましょう。カバーレターは、採用担当者にあなたのことをもっと知りたいと思ってもらうための、自身を売り込むツールなのです。興味を惹くカバーレターを作るコツは、あなただけのセールスポイントについて触れることです。あなただけが持つ強みをカバーレターに記載し、採用担当者の関心を引きましょう。

カバーレターは履歴書の最初につけるものなので、履歴書を補足する内容にする必要があります。履歴書の内容をそのまま転記するのではなく、応募する職種に関連する項目を記載します。まずは下書きを作成し、友達や同僚などにレビューを依頼し、編集を加えて最終版を仕上げましょう。どのような情報を盛り込むべきか迷うこともあるかもしれません。その場合は、同じような職種についてインターネットで調査し、どのようなスキルが求められるかを把握していきましょう。

プロフェッショナルなカバーレター チェックリスト

1. 適切な余白をとりA4一枚に納める

2. 正しい文法で書く。自分の人物像を伝える印象的な単語を使って、簡潔で分かりやすくまとめる

3. 必ず、履歴書を見る担当者個人宛てに書くこと。その人の役職、氏名を正しく記載するよう注意

4. 自分の氏名、住所、電話番号、メールアドレスを記載する

5. 冒頭に応募したい職種を記載する。求人を知った経緯と、紹介番号や具体的なポジション名を記載する

6. 履歴書の大半は、応募条件に合致する自分のスキルや実績を記載すること。どのような情報を盛り込むべきかは、ヒントは募集要項に書かれています。例えば、「チームプレイができ、仕事を任せられ、プロジェクトを遂行できる人物」という記載があった場合、マネージメントスキルやプロジェクト遂行、人間関係などのソフトスキルを記載すること

7. カバーレターが完成したら、何度も見直しましょう。会社側は細部にまで注意深く、正確性にこだわる人材を求めています。ここまでやれば、完成度の高いカバーレターが相手にベストな第一印象を与えることができると思います。

Related Candidate Articles

採用に繋がる英文履歴書を書く

Writing a compeling CV

英語が必要とされる求人に対しては、プロフェッショナルな英語で書かれた履歴書を送るべきです。直訳した英語でも十分だと思うかもしれませんが、それだと英語を母国語とする人の文章と同じような情報や雰囲気を伝えられません。

正しい英文履歴書の作り方

CV Preparation

履歴書を作成するときは、その重要性から緊張するかもしれません。その1ページに書かれたことで採用担当は判断する、完璧に作らなければ、と感じるかもしれません。