MENU
カテゴリー: 求職活動

求職者のための自己ブランディング

Build your personal brand

面接までこぎつけ、採用されるためにはしっかりした履歴書だけでは足りません。採用担当者はあなたのインターネット上での活動、仕事の業務など全てを見て、あなたという人物像を判断しているからです。

就職活動で優位に立つためには、ブランドを構築するのと同じように自分自身をマーケティングすることが重要です。昨今、注意を引くという意味でブランディングの必要性が高まり続けています。SNSや業界のサイト、就職サイトなどでの積極的な活動は重要です。あなたの「ブランド」には、過去の職歴や、その職場での雇用者との関係、人材派遣会社とのやりとり、そして過去、現在の同僚とのやりとりまでもが含まれます。これらの実績は、あなたが新しい職場に何をもたらし、あなたの評判がどのように企業の成長に役立つかの判断材料となります。

採用側が求職者を検討する時、その人物の仕事の遂行能力以外に、企業文化に適合しているかを考えます。そのため多くの採用担当者が求職者のSNSアカウントを見るのです。あなたの良いところだけを投稿し、誰もが見ていることを意識し、投稿の内容をコントロールしましょう。自己ブランディングは時に、プライベートの生活とも交わることがあるのです。

技術の進歩によって、近い将来、採用担当者は特定の役職にぴったりの人材を見つけ出す新しい方法を間違いなく見つけるでしょう。だからこそ、自己ブランディングが今から重要になるのです。あなたが行うことすべてが将来のあなたを作ります。

さっそく、次の5つからはじめてみませんか。

  1. 自分自身をブランディングの観点から査定する

付き合いのある人にあなたがどんな人物か正直に言ってもらいましょう。将来の成功に役立つような自分の人物像を知ることができるかもしれません。例えば、「いつも時間に遅れる」「いつも携帯を眺めている」、もしくは「いつも協力的」「プロジェクトの最後までやり遂げる」などの人物像はあなたの強みと弱みを知るのに役立ちます。これらの評価を受け入れてはじめて、成長ができるのです。

自分自身を振り返る時はいつも100%正直でありましょう。採用担当者は必ず見抜くので、欠点を見て見ぬふりをするのは無意味です。その上で、その欠点に向き合い、新しい習慣付けや、講習会の受講、良い特性を身につけるよう努力することでその欠点を克服していきましょう。

  1. SNSを利用した自己ブランディング

採用担当者は応募者の名前をインターネットで検索し、あなたのSNSアカウントを探し出します。友達や家族とのプライベートのやりとりも良いですが、インターネット上で「不特定多数に向けた人物像」を形成することはより良い就職先を見つける上で役に立ちます。

SNS上で自己ブランディングをする機会は誰にでもあります。それは、継続的かつインタラクティブな履歴書を作るようなものです。強みや理想的な人物像を示し、弱みや欠点は見せないようにしましょう。

一番おすすめのSNSはLinkedInです。あなたの情報を正しく入力し、他の人々と繋がりを構築し、スキルの推薦をすることにより、自分のスキルも推薦してもらいましょう。業界別のグループに参加したり、自分で作ったり、ツイッターやその他のサイトにも投稿をしましょう。

  1. 前職の上司と連絡を取り続ける

履歴書には前職の上司の名前を参考に載せることが推奨されますが、その際、事前にその上司には、採用担当者からあなたに関する質問の問い合わせがあるかもしれないことを伝えておきましょう。このように連絡を取り続けることによって、彼らにあなたの理想の人物像を伝える機会ができ、より良い評価を伝えてもらえるかもしれません。上司以外にも職場の同僚ともコンタクトを取り続けるのが良いでしょう。これらのネットワークが思いもよらない機会を生み出すものです。

  1. 転職コンサルティングのサービスを賢く利用する

マーケティングの経験がない限り、どのように自己ブランディングをすれば良いか悩むことでしょう。そんな時に利用したいのが転職コンサルティングです。プロは業界の就職情報や給与水準、具体的な職種などに関する幅広い情報を持っています。

コンサルタントとやりとりをする時、全てをお任せできると思ってはいけません。相応の努力をしなければ望むべき結果を掴むことはできないのです。新しいスキルを身につけるためにしている努力や意欲を見せることによって、多くの求人を提案してもらえる可能性が上がります。そうしているうちに、コンサルタントはあなたの人物像を掴んでいき、よりマッチした求人を紹介してもらえるようになります。

人材コンサルタントの使命は、企業の募集中の枠に最も合う求職者を見つけることです。求職活動中、彼らはあなたにぴったりの仕事を探すことに骨を折ります。コンサルタント、企業、そしてあなたの間で公正で平等な情報共有が必要となり、全員が同じあなたの人物像を共有することとなります。

  1. ネットワークの形成はブランディングに効果的

強力な自己ブランディングをしたとしても、それを活用する場がなければ意味がありません。知人とのつながりを維持し、SNSを活用し、業界のサイトで勉強をしましょう。また、希望する分野の求人状況や給与水準の上がり下がりを追いましょう。

積極的にキャリアアップを目指すことです。同僚とお茶をしながら、個人的にキャリアアップについて話してみましょう。人材コンサルタントとは連絡を取り続け、将来良い求人があれば優先的に紹介してもらえるようにしましょう。ネットワークを形成することによって、就職後も更なるキャリアアップを目指せるチャンスを獲得できるかもしれません。

Related Candidate Articles

仕事を探すための10のヒント

10 Tips to get a job

やりたい仕事に就くために大切なことは何でしょうか。面接官に良い印象を与え、選考を勝ち抜くためには、技術的なスキルを身につけたり、就職に有利な資格を取得したりする以外にも努力が必要です。

履歴書・職務経歴書(英・日)のテンプレート

Japanese and English CV Templates

ワークハブ・ジャパンでは、日本語と英語の履歴書テンプレートについてのお問い合わせを多く頂きます。下記に無料テンプレートをご用意しましたので、ぜひご利用ください。