MENU
カテゴリー: 転職/辞職

プロフェッショナルな退職の仕方

Resigning-continue -work

キャリアを築く中で、より良い会社に就職するために複数の会社や役職を辞することがあるでしょう。退職届を提出するまでには熟考することでしょうが、プロフェッショナルな提出の仕方をすれば、円満に退社ができます。そのためには、まず退職の理由や今後のプランなど上司が聞いてくるであろう質問への答えを準備しましょう。計画を立てることによって、不安を取り除き、スムーズに退職を進めることができます

退職を検討する時に考慮すべき質問

  1. 何があっても退職すると決めていますか。退職を告げる前にしっかりと意思を固める必要があります。さもないと、その経過で気まずい思いをすることになるかもしれません。
  2. 現在の会社で見逃している別の仕事の可能性はありませんか。現在の役職に不満があったとしても、あなたの適正に合った別の仕事があるかもしれません。
  3. もしも昇進や昇給を提示されたら会社に残りますか。退職ではなく、これらを要求したほうが良い可能性もあります。
  4. 新しい仕事に就けば、経済面、生活環境、キャリア、私生活などの質が向上しますか。もしも利益がないのであれば、退職は正しい選択ではないかもしれません。

退職を決意した時

退職する時はプロフェッショナルな手順を踏みましょう。退職届をきちんと印刷し、しかるべき人に渡しましょう。様々な角度から検討した結果、固い決意を決めたことを伝えましょう。また、あと何週間今の仕事を続け、退職日はいつになるかも示しましょう。退職することを周りに言いふらすことはせず、上司が全員に伝えるべきであると判断する時まで、黙っておきましょう。

退職理由を伝える

退職理由を告げる際もプロフェッショナルな理由を述べましょう。ネガティブな主張や不平は、まだ勤務が残っているタイミングではなく、退職者面接で伝えましょう。将来的に前向きな情報源として使えるように円満に退職できるよう努めましょう。あなたの退職によってのしかかる仕事量のため、上司や同僚はあなたの退職を快く思わないかもしれません。

友好的な関係を保つ

情報照会のためだけに退職した会社と良好な関係を保つだけではなく、友好的な態度を示すことは退職のプロセスをスムーズにすることにも役立ちます。後任者へのトレーニングなど積極的に仕事をしましょう。また、雇用主に現在の会社で働く機会を与えてくれたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。

採用コンサルタントとの関係を保つ

退職届けを提出する前に、転職の段取りをしてもらうよう就職コンサルタントに連絡をしましょう。退職が現在の市場を考慮した上で正しい決断かどうかを見極めてくれたり、もっと適正に合っていて高収入を得られる仕事を紹介してくれるかもしれません。