MENU
投稿:

新規事業に取り組むこと、
スタートアップで働くこととは

Working for a new project or Start-upスタートアップの世界で生き残るために、5つのヒントをご紹介します。

経営者にとって、夢にまで見た事業立ち上げの前日ほどワクワクするときはないでしょう。長年育んできたアイデアがついに実現するのです。しかし、時には障害にぶち当たり、物事が前に進まなくなってしまうこともあるでしょう。幸い、そんな中でも多くの経営者が事業を成功に導いています。この記事では事業で成功するために必要なヒントをご紹介します。

1. 新しいプロジェクトがあなたのライフスタイルを変えるかも

スタートアップで働いたり、新しい事業を始めたりする事には大きな負荷がかかります。精神的にも体力的にも対応できるのかどうかを、今一度確認しましょう。事業の立ち上げを自分の新しい人生を始めるためにも利用しましょう。つまりこれを機にダイエットやトレーニングを始めたり、人生に対してよりポジティブな考え方を持つのです。とにかく、新規事業立ち上げに際して貧弱な人は生き残れません。その世界に飛び込む前に十分な準備を整えることです。

2.自分も新入りであること、そして従業員と共に成長する姿勢を忘れない

なんでも知っている人など存在しません。新規事業の経営者がおかしがちな大きな間違いの一つは、事業を起動に乗せる上では、向かうところ敵なし、と勘違いをすることです。スタートアップの場合、その業界であなたは新入りです。周りの経営者やスタートアップの仲間たちから謙虚に学ぶ姿勢を忘れず、そしてやる気があって多くの質問をしてくる従業員を大切にしましょう。さらには、従業員が利用されているように感じたり、燃え尽きてしまったりしないよう、彼らの仕事の重要性を彼ら自身に認識してもらい、雇用する側もそれを理解する必要があります。経営者も従業員も、常に学びの姿勢を忘れないようにすることが重要なのです。

3. 飛び込む前に基本を学ぶ

インターネットの出現と新規事業をサポートするツールの開発が日々進んだことで、事業立ち上げのハードルはぐんと下がりました。しかし、だからと言って基礎を疎かにしていいわけではありません。これから始める事業についてしっかりと理解し、その分野需要に答えられるかを見極め、少なくともその業界で使用される専門用語は学んでおきましょう。早く事業のを立ち上げたくてうずうずしている経営者にとってはつまらない作業に思えるかもしれませんが、事業を立ち上げる前に知っておくべきことは多いのでしっかりとリストアップして準備しましょう。

4.パニックに陥らない

ここまで紹介してきたアドバイスは全て重要ですが、単に自分が常に冷静でいられることほど重要なことはないでしょう。事業が手に負えなくなりそうな時でも一歩引き、冷静でいられれば、それだけでも一歩成功に近づいていると言えます。全てを完璧にこなすには時間がかかります。すぐに成果が出なくても自分を責めないこと。「ローマは1日にして成らず」です。

関連記事

個人情報とプライバシーの保護

Keeping Data Private

企業で働く上で、プライバシーを理解することは大変重要です。あなたの情報は守られているでしょうか?チーム内の誰かと個人情報を共有していますか?あなたの会社は個人情報を安全に保護しているでしょうか?個人情報の重要性を理解し、自分の情報を守り誰にも不正利用されないためには対策が必要です。ベストな対策を最適な場所で実施することが、個人情報の保護と効率的な目標達成に繋がります。

コロナウィルス後の社会で満足のいく仕事を見つけるための10のヒント

Top 10 Tips For Finding A Rewarding Job Post COVID-19

新型コロナウイルス感染症の収束後、世界は様変わりするでしょう。世界経済は世界経済は急速に悪化し、世界中のあらゆる業界が大打撃を受け、何百万もの雇用が失われています。アメリカだけでも、3月中旬以降、約3千万人が失業手当の申請を行っており、イギリスやその他の欧州諸国も同じような状況に陥っています。コロナウィルス後に仕事を探すのは今まで以上に困難になるでしょう。中には感染が収束する頃には完全に廃れてしまう業種もあると予想されています。それでは仕事が見つかる可能性を高めるにはどうすれば良いのでしょうか。 コロナウィルス後に仕事を探すのは今まで以上に困難になるでしょう。中には感染が収束する頃には完全に廃れてしまう業種もあると予想されています。それでは仕事が見つかる可能性を高めるにはどうすれば良いのでしょうか。