MENU
投稿:

コロナウイルス収束後の社会で満足のいく仕事を見つけるための10のヒントTop 10 Tips For Finding A Rewarding Job Post COVID-19

新型コロナウイルス感染症の収束後、世界は様変わりするでしょう。世界経済は世界経済は急速に悪化し、世界中のあらゆる業界が大打撃を受け、何百万もの雇用が失われています。アメリカだけでも、3月中旬以降、約3千万人が失業手当の申請を行っており、イギリスやその他の欧州諸国も同じような状況に陥っています。

コロナウィルス後に仕事を探すのは今まで以上に困難になるでしょう。中には感染が収束する頃には完全に廃れてしまう業種もあると予想されています。それでは仕事が見つかる可能性を高めるにはどうすれば良いのでしょうか。

1.今のうちに自分の「ブランド」を再評価する

コロナウィルスの収束後は多くの人が職を求めるでしょう。そのため、採用プロセスの中で周りと差別化する必要があります。時間がある今のうちに面接スキルと履歴書を完璧にしましょう。自分のスキルを面接官にアピールできるポートフォリオを用意しましょう(どんな分野であったとしても)。いわば「ショーウィンドウ」であるポートフォリオに並べる作品が、自分の魅力を最大限に伝えるものであるかどうか注意深く確認してください。

  1. 偏見をなくし、以前なら応募しなかったような仕事にも応募する

コロナウィルス収束後は、自分の専門分野での仕事の選択肢は少ない可能性があります。企業がキャッシュフローの改善のためにカットできるコストを常に探しているような状況下では、得意な分野以外の仕事にも飛び込んでみる必要があるかもしれません。自分の得意分野以外の仕事のオファーがあった場合、恐れずに引き受けるべきでしょう。他に選択肢はないかもしれませんし、時に一時的な採用が素晴らしい結果につながることもあります!

  1. スキルの幅を広げる

コロナウィルス後の社会では動的で順応性に優れていることが必要不可欠です。ロックダウンの期間中に受講、取得し履歴書に追加できるオンラインコースや免許状、学位はたくさん存在します。そうすることで、新しいスキルを身につけることができるばかりか、応募企業に学習意欲をアピールすることができます。

  1. 個人事業主を検討する

フリーランスは様々なクライアントから複数の収益源を創出できる働き方であるため、現在、そしてコロナウィルス以後の世界では、より安全な働き方だと多くの人が考えています。在宅ワークはコロナウィルス以前から拡大し始めていましたが、今後ますます主流となるでしょう。

  1. 一時的に希望の給与水準を低くすることも検討する

コロナウィルス後、企業はますます倹約の方法を模索するようになるでしょう。その主な方法としては賃金総額の低減が挙げられます。多くの企業が単純に最高の条件を提示することができないことが予想されるため、通常時では応募しないであろう、若干低めの給与水準でも応募することを検討しましょう。状況が落ち着いた頃に昇進やキャリアアップの機会はいくらでもあります。

  1. とにかくネットワークを大事に

友達や同僚、取引先などとのネットワークをフル活用しましょう。Indeed.com、LinkedIn、Facebookなど適切なプラットフォームも有効活用し、応募候補先へ連絡をとったり、求人情報の情報収集をしたりしましょう。適切な時に適切な機会に身を投じることにより、違いが生まれるものです。

  1. 求職しながらボランティアも行なってみる

ボランティアはその分野での経験を積むと同時に、潜在的な雇用主に信頼できる人材であることを示すことができる最適な方法です。コロナウィルス後は特に、多くの人が職場で一層努力しなければならなくなるでしょう。あなたがそのような努力ができる人物であることをしっかりと示しましょう。

  1. 困難な時期に検討中の企業が従業員をどのように扱ったかを見ておく

今年中に再度感染の波が世界を襲うことも十分考えられます。そうなった場合、企業が厳しい状況に陥った途端に解雇されるようなことがあっては困ります。コロナウィルス後の仕事を探す際は、現従業員にどのような措置をとったか調べておくと良いでしょう。今後同じような状況で、あなたに同じことが起こることが予想されます。

  1. キャリアチェンジを検討する

世界経済の破綻が差し迫っているこの状況では、「不況に強い」分野への転職を検討しても良いでしょう。例えば、政府出資の企業や、教育、医療、介護などの公共部門の仕事は常に従業員が足りておらず、人員の余剰が発生する可能性は低いと言えます。IT関係の仕事を探したり、採用エージェントに助けを借りたりするのも得策です。現在のスキルを公共部門の仕事で活かせないかどうか考えてみましょう。

  1. 現在雇用されているのであれば転職自体を考え直してみる

現在職があり、一時解雇されたのでもなく、雇用先があなたを従業員として信頼しているのであればそこで働き続けるべきでしょう。経済的に多くの人よりも安定していることを意味し、それがコロナウィルス後の社会では非常に重要です。経済的に現在安定しているのであれば、隣の芝が青いとは限らないということを覚えておきましょう。

関連記事

フレックスタイム、リモートワーク、シェアードオフィス 未来の働き方トレンド

Flex Time, Remote Working, Shared Office Spaces and Future Work Trends

ここで去年の自分を振り返ってみましょう。あなたはどこで働いていましたか?パーテーションで区切られた仕事場?役員室?それとも重役用会議室でしょうか?休憩室で同僚に会うのを楽しみにしていましたか?それとも良い場所に車を駐めたいだけに毎朝6時に通勤していたとか?職場の雑音から逃れて自宅で静かに仕事をしたいと考えたことはないでしょうか?それは今では夢ではありません。

スタートアップにおける採用

Hiring for a start up

スタートアップでの採用はややこしく、かなり面倒なこともあります。しかし、簡単ないくつかのステップを踏むことで、チーム構築は各段に楽になります。初期のスタートアップの場合、案件や商品などよりも、それらを提供する社員が一番の資産となります。そのため、新規採用においてはできるだけ能力の高い人物をターゲットにすることが必要不可欠です。その先に、事業の成長が期待できます。