MENU
カテゴリー: 求職活動 , 面接の準備
投稿:

採用面接で良い印象を与える服装The Job Interview: What to wear to look your best

採用面接に着ていく服を選ぶのは難しいですが、非常に重要ことです。フォーマルな格好をすべきでしょうか?それともビジネスカジュアルが適切でしょうか?応募企業に合った適切な服装であることはもちろんですが、最も重要なことは採用担当者に良い印象を与えることです。今回は重要な採用面接でどのような服装を選ぶべきかをご紹介します。

第一印象が重要

あなたは、面接会場に足を踏み入れた瞬間から会社にふさわしい人物かどうかを見られています。面接官に挨拶をする前から、応募職種に適しているかどうかをある程度判断されているのです。統計上、65%のマネージャーが「同程度の応募者がいた場合、面接での服装を判断の材料にする」と回答しています。

ですから面接の服装を直前に決めることはやめましょう。面接の数日前に服装を決定しておけば、当日は自信を持って臨めます。服装がしっくりくるかどうかを必ず事前に確認すること。外見に対する自信は、面接での印象に大きな影響を与えます。

どのような業種の企業の面接を受けるか

日本の就活は激化の一途をたどっています。応募企業について深くリサーチをし、企業文化をしっかりと理解することで、面接でどのような服を着ていくべきか見極めましょう。例えば、金融、法律などの業界での役職の場合、フォーマルなビジネスの服装が必須ですが、ITやテクノロジー、マーケティングなどの業界の場合、多くはビジネスカジュアルの方が適切とされます。

面接の案内の中で服装について記載されていない場合、人事担当や採用エージェントにアドバイスを求めてみましょう。ただし、身だしなみの整った、社会人にふさわしい服装というのが大まかなルールです。よく分からない場合は、こぎれいなズボンもしくはスカートスーツときちんとした控えめなアクセサリーを身に着けると良いでしょう。

フォーマルな環境の場合:

  • ツーピースまたはスリーピーススーツ(暗い色が好ましい)
  • スーツに合ったネクタイ(蝶ネクタイはNG)
  • 黒い靴
  • 書類かばん、パソコンケース、小〜中くらいのサイズの財布
  • 膝丈スカート
  • プレーンな色のブラウス
  • 時計、日常使いのアクセサリー(つけすぎに注意!)

カジュアルな環境の場合:

  • チノパン
  • 明るい色の襟のあるボタン付きシャツ、または暗い色のポロシャツ
  • こぎれいなジャケットまたはブレザー
  • はき心地の良いこぎれいな靴(スニーカーはNG)
  • 時計、シンプルでこぎれいなアクセサリー(控えめであることが肝心です)
派手な格好で臨むか無難にいくか

ある調査結果によると、面接で高級なデザイナーの服を着ていると面接官が興味をなくすことがあることが分かっており、中にはデザイナーのブランドを着ている人物はノーブランドの服を着ている人物と比べて信頼できないと回答している面接官までいます。そのため、高級ブランドの服を着ていこうと考えている人は、その服装がどんな印象を与えるかをもう一度良く考えるようにしましょう。

さらに、面接に着ていく服装は企業に対して失礼のないようにしましょう。「自分が面接官の一人だったら、この服装の応募者がやってきた時どう思うだろうか?」と一度自分に問いかけてみると良いでしょう。

最後に、どのような服を着るにしても、自分の本当の個性が輝くようなものを選びましょう。結局、面接官は「あなた自身」がその企業に適しているかを判断するわけで、自分をどう見せるかはその仕事に適正があることをアピールする上で重要な要素の1つとなるのです。

関連記事

コロナウィルス後の社会で満足のいく仕事を見つけるための10のヒント

Top 10 Tips For Finding A Rewarding Job Post COVID-19

コロナウイルス収束後、世界は様変わりするでしょう。世界経済は破綻へと向かい、世界中のあらゆる業界が大打撃を受け、何百万もの雇用が失われています。アメリカだけでも、3月中旬以降、約3千万人が失業手当の申請を行っており、イギリスやその他の欧州諸国も同じような状況に陥っています。 コロナウィルス後に仕事を探すのは今まで以上に困難になるでしょう。中には感染が収束する頃には完全に廃れてしまう業種もあると予想されています。それでは仕事が見つかる可能性を高めるにはどうすれば良いのでしょうか。

スタートアップにおける採用

Hiring for a start up

スタートアップでの採用はややこしく、かなり面倒なこともあります。しかし、簡単な数ステップを踏むことで、チーム構築は各段に楽になります。初期のスタートアップの場合、案件や商品よりも、それらを提供する社員が一番の資産となります。そのため、新規採用においてはできるだけ能力の高い人物をターゲットにすることが必要不可欠です。その先に、事業の成長が期待できます。