MENU
投稿:

成功するWEB面接の基本

Online Virtual Interview

昨今大流行しているコロナウィルスでテレワークが世の中のビジネスに一気に広がりましたが、今後もテレワークは当たり前となるでしょう。そして今回は対面面接とは少し違う注意点がある“ウェブ面接”についてお話ししたいと思います。

基本的な面接準備の手順は前回のブログで説明しましたが、ウェブ面接の際も自己分析と情報収集の『面接事前準備』をしっかりとするようにしましょう。

ウェブ面接は直接会社を訪れる必要がないので、交通費や時間の節約ができる利点があります。しかし対面での面接は得意なのに、ウェブ面接になると苦手意識があるという話を最近よく聞きます。対面面接とウェブ面接の違いをよく理解をすることが、苦手を克服する糸口になると思います

その原因として考えられることは、対面では相手の雰囲気を直接感じることができ、表情を読みコミュニケーションを容易に取れることに対して、ウェブ面接ではカメラ越しの相手の印象や表情をつかむことが難しいことがあげられます。その為、上手くコミュニケーションが取れず面接官からの質問に的確に答えられないことが考えられます。まずウェブで話すことに苦手意識がある人は、友達や家族とテレビ電話するなどの練習をしてウェブを通して話すことに慣れることも一つの方法です。その際に目線や映り方についてもアドバイスをもらえたら良いと思います。

また対面での面接では直接会うことができるので、ボディジェスチャーやあなたの雰囲気が伝わりますが、ウェブ面接は画面に映ったあなたの表情と声だけであなたの印象が決まってします。ウェブ面接は直接会えない分、声のトーンや表情も非常に大切になりますので、鏡の前で練習して、表情の練習をしておきましょう。声のトーンはいつもよりも低めで、ゆっくりと丁寧に話すように心がけることが必要です。

面接は緊張してしまうことが多いですので、相手に良い印象を与える良い表情を知っておきましょう。緊張で固まって表情になっていないか、少し微笑みのあるやわらかい表情がおすすめです。

そして直接あえない分、丁寧な言葉使いや挨拶や感謝も忘れずにしましょう。通常の面接同様に遅れることがないように、5分前にはアプリを立ち上げて、落ち着いて面接をスタートできるようにしてください。

たとえ面接中に何か問題が起きたとしても、きちんと問題を伝え謝罪をし対応できる姿勢を見せれば、ネガティブな状況でもきちんと対応できる候補者だと面接官は感じ、面接ではそこまでマイナスポイントにならないかもしれません。

下記項目は必ず面接までに確認したい項目です。

  • まずはパソコンのインターネット環境に問題がないかの確認をしてください。
  • 前日にパソコンを充電しましょう。
  • パソコンのカメラやマイクがきちんと使える状態であるか確認してください。マイクが内蔵されているパソコンが多いですが、外部の騒音を遮断でき、音声がよりクリアになる為にもマイク付きイヤホン(シンプルな物)の用意をおすすめします。またカメラの位置も事前に確認が必要です。目線の確認(面接官を見てしまいますが、目線を合わせたい場合はカメラを見るように)、自分がどのように映っているか、事前に確認してください。

最近多い問題としては、ワイヤレスイヤホンを使う場合にはBluetoothが無効になっていないか、どこにつながっている状態なのか事前に確認しましょう。

  • 使用するアプリの確認、現在主流なアプリは Zoom,  Microsoft Teams, Google Meet, Cisco Webexです。
  • 騒音問題、ペットの鳴き声もできるだけ入らないようにしましょう。家族と一緒に住んでる方は、あらかじめウェブ面接の件を伝えておきましょう。
  • 背景が暗すぎると、あなたの印象も暗くなりがちです。明るい色を選びましょう。すっきりとした背景になるように気をつけて、どうしても背景を見せたくなければ、背景合成機能を使いましょう。
  • バーチャル面接といっても服装はスーツを着用しましょう。髪型もメイクもプロフェショナルに見えるようにしましょう。
  • 手元に職務経歴書と履歴書の用意をしてください。また筆記用具を用意して、何かあればすぐにメモを取れるように準備しましょう。

関連記事

仕事のモチベーションを見出し、維持する方法

Find And Retain The Motivation To Clinch That Job!

私たちは、ストレス社会の中で多くの仕事や困難な要望を突きつけられながら生きています。キャリアの達成には根性と情熱、そして意欲が必要ですが、その成功の鍵となるのはモチベーションです。しかし「言うは易し」とはよく言ったものです。前向きに事を考えるのは簡単ですが、本当に成功を収めたいのであれば、仕事をやり遂げるためのモチベーションを見出し、それを維持する方法を学ぶ必要があります。

自分に合った会社、チーム、管理者を選ぶ

私たちにはそれぞれの個性があり、一人として全く同じ人間、同じ働き方の人はいませんが、必ず似たような部分もあり、その類似点こそが注目すべき重要なポイントです。それぞれのサッカー選手にプレーの特徴があるのと同じように、私たちもそれぞれ自分の目標や仕事の仕方を持っています。そしてその働き方が一致したときこそ、大きな成果が生まれるのです。だからこそ、自分と似た方法で仕事を進めるチームを見つけることが非常に重要です。