MENU
カテゴリー: キャリア , 求職活動 , 職の選択
投稿:

仕事のモチベーションを見出し、維持する方法

私たちは、ストレス社会の中で多くの仕事や困難な要望を突きつけられながら生きています。キャリアの達成には根性と情熱、そして意欲が必要ですが、その成功の鍵となるのはモチベーションです。しかし「言うは易し」とはよく言ったものです。前向きに事を考えるのは簡単ですが、本当に成功を収めたいのであれば、仕事をやり遂げるためのモチベーションを見出し、それを維持する方法を学ぶ必要があります。

モチベーションを見出す

達成したい事:自分に合った仕事を見つける
どのように達成するか:目標に対するモチベーションと実行する意欲を見出す
なぜか:成功したいから

モチベーションを維持する

モチベーションを見出し、実際に行動を起こすということは、求職活動中において一番難しい部分かもしれません。しかし、モチベーションを見出したからには、当然それを維持したいでしょう。周りの雑音に惑わされずに自分の計画を見つめ、発展させていきましょう。達成したいこと、共感できること、心に訴えかけわくわくすることの明確なビジョンを描くのです。常にポジティブであり、感覚を刺激してくれる選択肢を選ぶこと。そして、より物事を大局的に見て、夢を視覚化すること。このポジティブな行動がモチベーションを保つ原動力となり、自尊心と幸福感を上げ、求職中にアイデンティティーを持つことにつながります。

前向きになり目標を達成する

これで、モチベーションが生まれ、目標に向かう準備ができるはずです。ポジティブなアプローチができるようになり、考えを実際に行動に移すことができます。集中して、思考が流されないよう注意が必要です。意識散漫にならないよう、タスクを整理します。やるべきことを整理し、To Doリストを作成しましょう。

興味のある仕事をいくつかメモし、それらを調べ、本当にやりたいことであるのかを考えましょう。一度に多くの仕事を検討し、いっぱいいっぱいにならないように気をつけましょう。脳が混乱して、ポジティブなエネルギーが揺らいでしまいます。スケジュールを立て、それに従うことです。自分の能力を超えてしまい行き詰まってしまわないようにしましょう。挑戦をしつつも、実行可能な範囲で計画を立て、管理できていると感じられることが重要です。

しかし、どこかで当然モチベーションが下がってくることもあるでしょう。そんな時はモチベーションが下がっている理由を自分自身に問いかけてみましょう。疲れていたりストレスを感じているでしょうか?その場合は、ここまで頑張ってきた自分を褒めてあげ、休憩を取り、コーヒーでも飲んで、またポジティブな気持ちを取り戻すのが良いでしょう。

自分の成果を褒めてあげる

自分の成果を自分で褒めてあげ、目標が達成可能であると信じ続けましょう。道筋を再度思い描き、モチベーションを維持し、前向きであるならば、成功はおのずと後から付いてきます。

関連記事

職場でのキャリアアップを成功させる方法

How To Get Ahead In The Corporate Environment

新年の抱負に「昇進」を目標に掲げても、苦戦している人は多いようです。どうすれば上司に認められて昇進できるのでしょうか。あなたが仕事で輝くための10のヒントをご紹介します!

フレックスタイム、リモートワーク、シェアードオフィス 未来の働き方トレンド

Flex Time, Remote Working, Shared Office Spaces and Future Work Trends

ここで去年の自分を振り返ってみましょう。あなたはどこで働いていましたか?パーテーションで区切られた仕事場?役員室?それとも重役用会議室でしょうか?休憩室で同僚に会うのを楽しみにしていましたか?それとも良い場所に車を駐めたいだけに毎朝6時に通勤していたとか?職場の雑音から逃れて自宅で静かに仕事をしたいと考えたことはないでしょうか?それは今では夢ではありません。