MENU
投稿:

リモートワークが効率的になるワーキングスタイルを身につける方法How to work efficiently from home teleworking

職場中心の生活から自宅中心の生活への移行は様々な面においてゆとりができますが、一方で仕事に集中するのが非常に難しくなっているのも事実です。職場とは違い携帯電話がいつでもチェックできたり、配偶者やお子さん、ルームメイトと同じスペースで仕事をしなければならなかったりと、気が散るような要素がたくさん存在します。これらはやるべきことを先延ばしにし、集中力ややる気を削いでしまう要因となってしまいます。今回の記事では、ワークフローを改善する2つの方法についてお話しします。

混沌の中にも構造を

ルーティーンはワークフローにおいて非常に重要で、自宅で仕事をしている間だけでなく、職場での仕事を再開した時にも必ず行うべきです。ルーティーンにより、脳は直線的な作業の流れを覚え、次に何をするべきか考えることなく全ての処理能力をその作業に充てることができるため、やる気と生産性を大幅に向上することができます。

それだけではなくルーティーンの実行は、仕事を行う上で必要不可欠であるポジティブな精神状態を保持することにも繋がります。ルーティーンを適切に構造化することで、一日の時間に意味を持たせ、有効に活用することができます。Lancet Psychiatryによって公表された研究結果によると、日中に決まったルーティーンがある人は睡眠のスケジュールがよりしっかりしている傾向があり、そのため精神面の健康状態がより良好である傾向にあるということです。精神面健康状態の向上はやる気の向上、しいてはワークフローの改善につながります。

在宅ワーク中も職場での仕事を再開した際にも日々の、そして1週間のルーティーンを欠かさず実行し続けるのは一見困難なように思えるかもしれませんが、実際には非常に簡単なことです。毎晩眠りにつく前に次の日の終わりまでに達成したい目標を設定し、その中にルーティーンを構築します。例えば現在制作中のエッセイを完成させたいという目標を立てた場合、次のようなルーティーンを設定します。(作業は25分毎に区切り、間に5分の休憩を挟むと良いでしょう。これが脳に最適な作業時間です)

8:00- 起床

8:15- 朝食

8:30- シャワー

9:00- エッセイ執筆開始

9:25-30- 休憩

9:30- エッセイ執筆再開

9:55-10:00- 休憩

など

ルーティーンを構造化することでやる気と効率が大幅に向上し、職場環境の移行をシームレスに行うことができます。

短期的目標と長期的目標

短期的目標、長期的目標という言葉の意味は読んで字のごとくですが、これは、成功を収める人のマインドには欠かせない要素です。誰しも達成したい目標(ここではこれをゴールデン・ゴールと呼びます)、到達したい場所、その方向へと向かうための道筋というものを描いているはずです。しかし「その方向」という概念だけでは、「ゴールデン・ゴール」へと導いてくれると信じて様々な決断をするにはあまりに曖昧です。そこで、短期的目標、長期的目標という概念が必要となってくるのです。

長期的目標は1年後〜2年後までに達成したい目標で、1年の終わりに毎年見直すべきものです。長期的な目標はゴールデン・ゴールへと導いてくれる通過点となります。ゴールデン・ゴールはあまり遠い目標で、決断を行う際の判断基準にしづらいため、この長期的目標を基準に判断を行います。そうすることで、モチベーションを保持しつつ、道筋から外れることなく、定期的に進捗を確認することができます。

一方、短期的目標は数ヶ月以内に達成できる目標です。この目標もまた通過点としての役割を果たします。短期的目標は巨大な目標を細分化し消化するのに役立つ、頻繁にチェックができる努力目標です。

ゴールデン・ゴールの理論を総括します。誰しも熱望する夢や目標を持っています。その大きな目標は、通過点やチェックポイントの役割を果たす小さな目標に区切ってゴールデン・ゴールへの架け橋となる道筋を描くことではじめて達成できるでしょう。

職場から在宅での仕事への移行は難しい点もありますが、「ルーティーンの構造化」と「短期的目標と長期的目標を組み合わせたゴールデン・ゴールの設定」により在宅ワークでも気が散ることなく生産性を最大化することができるはずです。